永久脱毛って何?

毛母細胞を破壊する脱毛法

毛母細胞が分裂を繰り返すことで毛が作られるので、ここを破壊してしまえば毛の再生を抑えられます。毛母細胞を破壊できる脱毛法は数少なく、サロン脱毛や家庭脱毛では実現不可能です。医療レーザー脱毛はそれを可能とする方法で、一般的に永久脱毛とは医療レーザー脱毛のことを指します。医療という名前がつくことから、医療機関でしか受けることはできません。

ムダ毛の再生を抑える方法のため、将来的にツルツルを実現できるでしょう。ただし再生を大幅に抑えられますが、完全に抑えるわけではありません。医療レーザー脱毛を完了したあとに、ムダ毛が少し再生したという話はあります。ただ脱毛前の状態に戻る可能性は極めて低いので、それほど心配はいらないでしょう。

一部の医療機関で行われている脱毛法

針脱毛とは毛根に電気を流すことでムダ毛を処理する電気脱毛です。永久脱毛を希望する人のほとんどは医療レーザー脱毛を選択しますが、より確実に脱毛したい人には針脱毛が役立ちます。この方法は1本ずつ処理していくので長時間・長期間を要しますが、あらゆる方法のなかで最も確実に永久脱毛ができると言われています。医療レーザー脱毛の場合は1回で完了することは少なく、4~6回くらいの処理が必要です。

それに対して針脱毛は1回の処理で永久脱毛できるので、妥協できない部位を処理するときに利用されます。医療レーザー脱毛は部位や面積によって料金が決定するのに対して、針脱毛は1本あたりの単価が設定されているのが普通です。なお針脱毛を導入する医療機関はごく一部であり、ほとんどのクリニックは医療レーザー脱毛を採用しています。